カラーセラピーもキャンペーン価格になりました^^

こんにちは。

最近、人の気持ちを考えることが多くなってきました。

どうしてそんな事言うのかな?

どんな気持ちなのかな?

自分でも考えることがありますし、友人から愚痴話しで聞くこともあります。

友人は「職場の人が、何を考えてるか分からない。」と言います。

そういう時って、「相手が何を考えてると思う?」ではなく「さっぱり分からない!信じられない!」いうニュアンスだなぁと思います。

自分でもそう思うときがあります。

 

人の気持ちや都合は本当にはその人にしか分からないものですし、本人ですら分かっていない時もあるかと思います。

やっぱり自分の気持ちを大事にしていくことでしか、相手を大事にできないのかなと思いました。

image

まずは、今の自分の気持ちを知っていくことからはじめませんか☆

そうすることで、自分を大事にしていくことができるようになりますよ(^^)

カラーセラピーがオススメです。

カラーセラピーもキャンペーン価格はじめます♪

60分 5,000円→ 60分 3,000円

(延長30分1,000円です。)

写真に写っているカナダ式センセーションカラーセラピーでさせていただきます。

■カラーセラピーとは・・・

カラーセラピーとは、日本語で「色彩療法」と呼ばれています。

色には様々な効果があることが分かっています。

たとえば、色の持つ生理的効果ですが、赤い色を見ることでアドレナリンが分泌することが分かっています。そのことによって、脈拍が早くなったりします。

またブルーには鎮静効果が認められています。

色には心理的効果もあります。その色を見ることで、感情や連想がわきおこります。

カラーセラピーは、その2つの効果を利用して、心身の自己成長、自己再生を手助けする癒しを目的としたシステムです。

カラーテストと違い、カラーセラピーでは、「あなたがイメージする未来」を色を通して知ることができます。

それがさらなる自己成長、自己再生をうながします。

■カナダ式センセーションカラーセラピーとは

カラーボトルを使ってのカラーセラピーは、1986年にイギリスで誕生した英国式を筆頭に、世界各地で様々なカラーセラピーシステムが誕生し続けています。

カナダ式センセーションカラーセラピーは、1991年カナダのステファニー・ファレルさんによって作られました。

カラーセラピーシステムの中でも、カラーボトルが10本というコンパクトさが特徴ですが、カラーボトルを6本セレクトすることで、あなたの過去(本質)、現在、未来が分かります。

また、選ばなかった色(ミッシングカラーと呼びます)にも注目し、あなたに今必要な要素を導きだします。

60分フルセッションでは、あなたを癒してくれる色(ヒーリングカラー)も選びます。

■こんな方におすすめです

●いつもモヤモヤした気持ちを抱えている

●自分で何を考えているのか分からない

●自分っていったいどんな人なんだろう?と思う

●何かをはじめたいけど、何をしたいのか分からない

●いつも不安や孤独な気持ちを抱えている

●自分に自信が持てない

●自分の良いところが分からない

■カラーセラピーを受けるとこうなります

◎今の自分の気持ちがわかった

◎自分がどんな人生を歩んできたのかわかった

◎自分の性質がわかったことで、良いところを知ることができた

◎自分の性質がわかったことで、何に気をつければ良いのか知ることができた

◎今の人生に肯定感、安心感を感じることができた

◎自分がイメージしている未来を知ることができた

お申し込みお待ちしています(^0^)

 

8月のスケジュール

カラーセラピーイベント

■9月にも予定しています。

決まり次第お知らせいたします。

にほんブログ村さんのランキングに参加しています

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます(^^)
ポチッと押してくださると、嬉しいです。更新の励みになりますので、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ
にほんブログ村

メニュー・料金

●カウンセリング  60分 5,000円
ヒプノセラピー  120分 12,000円
カラーセラピー  60分 5,000円
レイキヒーリング 40分 4,000円

延長料金は15分1,000円です。

 

各種養成講座も随時受付しています
カラーセラピスト養成講座
レイキヒーラー養成講座
アバンダンティア・アバンダンスレイ マスター養成講座

★当サロンは予約制です

皆さまのお越しを心よりお待ちしています。

お問い合わせ、お申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です