喉にパンをつまらせて亡くなった前世のおばあさんの影響(><)

こんにちは。

ヒプノセラピー、カラーセラピーで心の悩みを改善

セラピーサロン リアルセルフ 澤田智恵子です。

 

ブログにご訪問いただき、ありがとうございます(^^)

 

 

 

先日、お餅をくぐらせたお湯を飲まされた子供時代の話を書きました。

 

アクセスをたくさんいただいているようです。

お読みいただいて、ありがとうございます。(^^)

 

お餅のお湯ってなに!?

お餅のお湯のトラウマってなに!?

って思いますよね…笑

 

参考になることはないかもしれませんが、

へー、こんな事でそんな気持ちになるんだ

と知っていただけたら嬉しいです。

 

当時は猛烈に嫌でしたけど、数十年たってブログのネタになるなんて、自分でもビックリします。

 

書きながら懐かしく感じていたので、インナーチャイルドの悲しみをすっかり消化しているんだな、と感じました。

 

消化されると、その件について客観視できている状態になるので、感情的になれなくなります。

 

さて、お餅のお湯のことを書いたブログの中で、

「お餅、ジャガイモ、固いパンなど粘り気があったり、口の中の唾液がなくなるような食べ物が嫌」

と書きました。

 

以前、ヒプノセラピーの前世療法をした時に、おばあさんがイメージで出てきたことがあります。

家族もいたのですが、最後孤独になって、一人で暮らしているイメージでした。

 

ヒプノセラピーの前世療法では、死期の場面をみる、という流れがあります。

 

その場面をイメージしてみると…

イギリスだかアメリカだか…のイメージなのですが、外国の昔のパンは日持ちをさせるためなのか、水分がほとんどないような、カッチカチの固〜いパンが枕元にありました。

おばあさんは、その固いパンを喉につまらせて亡くなっていました。

……

 

えー、こんな死に方って!

と当時はビックリしたのですが、終わってからもしかして喉につまりそうな食べ物や口の中の水分がない食べ物が苦手な理由ってコレなのでは!?

と思いました。

 

そして不思議なことに、それ以降、お餅やジャガイモ、固いパンなどが食べられるようになって、今ではどちらかというと好きです。

 

理由を知って納得すると、こうやって解消していくんですね。

 

今の自分の好みも、こうして今の自分ではない時代が影響を与えていることがあるようです。

ということを身をもって体験しました(^^)

 

今週、全国的に冷え冷えのお天気ですね。

大雪などで大変な地域も多いようです。

皆さま、どうぞ足元や色んなところにお気をつけてお過ごしくださいね!

 

今日もブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

9月のスケジュール

カラーセラピーイベント

■ノマドマート

9月27日(木)10時半〜19時

パピオス明石 2階 あかし市民広場

入場無料です。

にほんブログ村さんのランキングに参加しています

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます(^^)
ポチッと押してくださると、嬉しいです。更新の励みになりますので、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ
にほんブログ村

メニュー・料金

●カウンセリング  60分 5,000円
ヒプノセラピー  120分 12,000円
カラーセラピー  60分 5,000円
レイキヒーリング 40分 4,000円

延長料金は15分1,000円です。

 

各種養成講座も随時受付しています
カラーセラピスト養成講座
レイキヒーラー養成講座
アバンダンティア・アバンダンスレイ マスター養成講座

★当サロンは予約制です

皆さまのお越しを心よりお待ちしています。

お問い合わせ、お申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です