レイキとは

「レイキ」は「霊気」と書きます。

「宇宙の生命エネルギー」の意味を持っており、私たち人間を含めた、この宇宙を創造するエネルギーのひとつの呼び名です。

中国では「気」インドでは「プラーナ」と呼ばれています。

身体の中から気を発生させる内気功と違い、レイキは身体の外にあるエネルギーを身体の中に取り入れ活用する外気功といいます。

そのエネルギーを臼井甕男(うすい みかお)さんという方が、レイキという、現代にあった形でよみがえらせてくださいました。
宇宙からあふれるエネルギーのリズムに波長を合わせ、そのエネルギーを多次元的に活用するヒーリングテクニックです。

一度、アチューメント(レイキの伝授)を受ければ誰でも簡単に、いつでもどこでもレイキを使えるようになります。

レイキはリラックスを促し、ストレスをやわらげ、エネルギーを回復し、自己治癒力を高めます。
また、自分で自分を癒せるようになることは、自分の人生に責任が持てるよう精神性、霊性の面からも強力なサポートをしてくれます。

レイキの歴史

レイキは古代からの癒しのテクニックを、臼井甕男(うすい みかお)先生(1865年〜1926年)が京都の鞍馬山にて21日間の断食を行い、天啓を受け、レイキ療法としてよみがえらせたと言われています。

大正11年4月東京青山に「臼井霊気療法学会」を設立し、レイキを用いてたくさんの方の手当てをしました。そして、多くの弟子を輩出されました。

その後、臼井先生からレイキを伝授されたうちの1人である林忠次郎さんが、臼井レイキ療法をベースに独自の理論と技法で「林霊気研究会」を作られました。

その時、ハワイからレイキ療法を受けに来ていた高田はわよさんは、病が完治した後にハワイに帰られ、林先生からハワイでレイキの伝授を受けました。
はわよさんは晩年22名のレイキマスターを養成され、このレイキマスターたちによってレイキが世界中に広められました。

現在、世界中で500万人を超える人々がレイキを活用しています。

日本には1980年代後半から、逆輸入の形で持ち込まれ、再び広がりました。
従来のレイキをベースに、現在にあった形にと新しいレイキが誕生しています。

レイキヒーラー養成講座

当サロンではレイキヒーラー養成講座を開設しています。
下記のような目的を持った方に適しており、一度講座(アチューメント)を受けていただければ、誰もが気軽にレイキが使えるようになります。

◎自分のヒーリングをしたい
◎他者のヒーリングをしたい
◎ペットのヒーリングをしたい
◎場所や物を浄化したい
◎アロマセラピーやハンドマッサージと一緒に使いたい
◎直観力を高めたい
◎高い波動に共鳴した生き方をしたい
◎グラウンディング力を高めたい
◎自分のセンタリングをしたい
◎他者や場所からのエネルギーに疲れないようになりたい
◎自分の本質を向上させ、才能を開花させたい
◎自分のやりたいことを見つけたい
◎人生を創造的に生きたい
◎愛と調和のエネルギーについて学びたい

レイキヒーラー養成講座についてはこちらをご覧ください。

レイキへの想い

アチューメントを受けると、浄化がはじまると言われています。

ファーストディグリーを受けた後、私は感情面での浄化がはじまりました。

セカンド、サードと受けるごとに、今まで避けていたような感情があふれ出したり、自分の内面と直面せざるを得ないような出来事が起こり出しました。
そのたびに、自分の本質、中心の声を聞き、その流れに乗って色々な方と出会い、古い感情や出来事を手放していきました。

そうやってどんどん自分の中心とつながるような流れになっていきました。

レイキの高いエネルギーと共振し、レイキ的生き方を学ぶことで、自分の肉体、感情、精神、霊性への理解がはじまり、成長が加速しました。

レイキのテキストの中に、「精神的な成長の加速」「肉体・感情・精神・霊性にとってシンプルで効果のある方法」と書いてありますが、その通りだと感じます。

レイキはサードディグリーで完成するので、やはりサードディグリーを受けてからの加速が早かったです。

もしかしたら、あのままレイキを受けずに居たら、ここまで何かもが変化したり、速く進んだりしなかったかもしれません。

テキストの中に「自分の人生を創造的に生きる」とありますが、レイキのエネルギーによってその道に運んでいってもらったように思います。

レイキのエネルギーには、体も心も助けられ、精神・霊性の成長を加速させてもらいました。

レイキを教えていただいた先生が「レイキヒーラーを一家にひとり。」と言われています。
「一家にひとり」と言わず「みんながレイキヒーラー。」でも素晴らしいと思います。

ぜひ、一緒に学んでみませんか。

みなさまのお越しをお待ちしております。

レイキヒーラー養成講座についてはこちらをご覧ください。