人間関係をシャットアウトしたくのは頑張りすぎが原因かも?

人間関係をシャットアウトしたくなる時

人間関係をシャットアウトしたくなることは、ありますか?

カウンセリングに来られた時に、人間関係に対してそのようなお気持ちになっておられる方もいます。

今まで何とかしようとしてやってきた

でも、もう何ともなりそうもない…

どうして良いか分からない…となってカウンセリングに来られます。

 

皆様、本当にこれまで頑張ってこられています。

相手のことや周りのこと(家族や職場など)を考えて、ご自身でできることをずっとされてます。

 

そして、その頑張ってずっとされてきたことが周囲のかたにとったら

いつの間にか当たり前になっていた…。

 

悲しいですよね。><;

 

その状況を乗り切るため、そうしたほうがみんなにとって良い

そう思ってやってこられても、当たり前のように扱われると悲しくなります。

 

当たり前のことはしなくなると当たり前じゃなくなるので

相手からは求められてしまいます。

心も体も疲れます。

 

伝えても相手に伝わらなかったり

または言えないと感じたりすると

人間関係をシャットアウトしたくなると感じられるようです。

 

人間関係のシャットアウトを避けるためのカウンセリング

お話をお聴きしていると、確かにその場所や相手から離れたくなるのも頷けます。

でも、お話をお聞きしていると本当に心から望んでいるのはシャットアウトすることではありません。

何とかシャットアウトすることを避けたい、と思っておられます。

 

仕事でしたら、転職をすることに不安も感じますよね。

なるべくなら、この職場、仕事の中で解消したい。

クライアント様によっては、転職を何度かされていたり、数年に一度休職されたりしています。

そのような状態から抜け出したいと言われます。

 

人間関係でしたら、本当は離れたいわけではないと思われています。

今まで、一緒に過ごしてきた家族とできたら離れたくはないですよね。

でも、このままの状態が続くことにも耐えられない…

本当は家族と心豊かな時間を過ごしたいだけなのに…

どうしたら良いだろうと思われておられます。

 

カウンセリングでは、実際にどのような状況でおられるのかお聞かせいただきます。

例えば、相手のために動きすぎてしまう行動をとってしまう場合であれば

その行動がどのような気持ちでされているのかお聞きしたり

またその行動をやめてしまうことに対してどのように感じられるかをお聞きしたりします。

 

行動を変えていくためには、そのもとになる本当の気持ちや答えを知っていくことが大切です。

あなたの本当の気持ちや答えにカウンセリングで気づいていくことで

今の行動を変えていく力になります。

そして、本当の気持ちや答えを知ることで気持ちが落ち着き、物事に対する見え方や考え方も変わっていけます。

 

人間関係をシャットアウト本当はしたくない

でもどうしようもなくなってしてしまう…そうなる前に、ぜひ一度カウンセリングにお越しくださいね。

あなたが頑張りすぎたり、動きすぎたりしてしまうのかもしれません。

なぜそのようになってしまうのかご一緒にカウンセリングで見つめていきましょう。

皆様のお越しをお待ちしております。