お母さん、物じゃなくて心のケアをして欲しいんだよ

皆さま、こんにちは。

うつ症状改善・人間関係の悩み解消、明石・神戸市西区の心理カウンセリングルーム「リアルセルフ」心理セラピスト 澤田智恵子です。

 

親に心のケアを求めすぎてしまう…返ってこないことに傷つきすぎてしまう…

そんな事はありませんか?

 

新玉ねぎがあると連絡をもらい、久しぶりに実家に寄ってきました。

 

この時期から実家の家庭菜園で野菜が採れ始めます。

 

新玉ねぎやスナックエンドウなど…

 

小ぶりで小さめだったりしますが、味がとても美味しいです。

 

昔は野菜があるのが当たり前で、ありがたみもなく食べていましたが、年々貴重なことだなぁと感じています。

 

元気で頑張ってほしいです。

 

昔は親と会うと、自分の心の傷付きを大きく感じていました。

 

野菜とか物理的なものではなくて、心のケアを求めていました。

自分でもそこはよく分かっていなかったので、いつも不満…そんな気持ちを感じていました。

 

求めても返ってこない…

 

その事実を会うたびにつきつけられるようで、傷ついていました。

 

会うたびに、あーやっぱり、またか、という落胆も感じていました。

 

それは大人の自分が傷ついていたのではなく、心の中の子供の自分…

 

インナーチャイルドが傷ついていたんですね。

 

カウンセリングやインナーチャイルドセラピーを受けるたびに、

 

自分が何に傷ついていたのか

本当はどうして欲しかったのか

 

子供の時すぎて大人の自分では忘れていた、自分の気持ちに出会っていきました。

 

それを繰り返しているうちに、今ではすっかり過去のことになっています。

 

心が穏やかに会える

 

それにプラスして、感謝まで感じています。

 

もちろん日常的に会うと、面倒なこともありますけど…

 

傷つくのが余分に大変にさせていたのだなぁと思います。

 

親子関係で学んだコミュニケーションは、大人になってからも他人とのコミュニケーションに影響を与えている場合もあります。

 

親子関係や人間関係でお困りの方は、一度お話しお聞かせください。

 

お待ちしております。