自分軸がしっかりすると他人軸に振り回されない

皆さま、こんにちは。

うつ症状改善・人間関係の悩み解消、明石・神戸市西区の心理カウンセリングルーム「リアルセルフ」心理セラピスト 澤田智恵子です。

 

もう12月…あまり実感ないですが、皆さまはいかがお感じですか?

年賀状を用意されるかたは、そろそろ準備の時期ですね。

 

パワハラ・モラハラの人の前で陥る悪循環

先日、知り合いの会社の取引先で会社にいけなくなったかたのお話しを聞きました。

どうもそのかたの職場に、否定的な言葉と態度で威圧的に圧迫的にするかたがいるそうです。

立場も上下があるようです。

一般的にいうと、パワハラ・モラハラと言われるジャンルなのかもしれません。

(直接聴いていませんので、推測になります。)

皆さまはそういう状況に合われたことはおありですか?

そして、もしそうなった時はどのように対応されますか?

 

この話しを聴いて、私もその気持ちが分かると思いました。

私も20代~30代の時、他人から怒られたり、否定されたり、不機嫌にされたりすることを不安に感じていました。

不安で、その人を避けたい気持ちになっていました。

そうなると言葉も表情も考えかたも萎縮していき、その人の前に行くとビクビクとおびえるような気持ちになっていました。

こうなると簡単にできることでもできなくなったり、話に集中できなくて聞いていなかったりして、ミスをしてしまっていました。

悪循環に陥っていました。

パワハラ、モラハラの人の前に出るとこういう悪循環に陥ってしまうかたもおられるのではないでしょうか?

 

2つの対応策

①接点を持たないようにする

自分の身を守ることも必要な時があります。

職場を異動する、または転職をすることで接点を断ち切るという対策です。

もし難しい時は、接触する機会や時間を1秒でも減らす、ということで自分を守ることが良いかと思います。

 

②自分がなぜそのようになってしまうのか理由を知る

人によっては、パワハラモラハラのかたのことをスルーできる人もいます。

スルーできない人は、真面目で優しく、自分のせいにする人が多いです。

◎なぜ、自分のせいにしてしまうか

◎なぜ自分がその人に怒られたり、否定されたり、不機嫌にされたりすることが苦手なのか

これらの原因や理由を知ることで、振り回されない、気にならない自分へと変わっていけます。

職場環境を変えられないかたには、相手や環境を変えるのではなく

ご自身と向き合う対応策をおすすめします。

 

他人に振り回されない自分へと変わる

優しいかたほど、

◆相手に従わないといけない

◆波風を立ててはいけない

◆迷惑をかけてはいけない

◆相手を満足させないといけない

など思われています。

成人期または幼少期の体験によって、このように思う自分が作られていきます。

 

事情の整理をし、自分の本当の気持ちを感じなおしていくことで

◇自分の方法も知る

◇自分の気持ちを正直に感じることを許可する

◇迷惑をかけても良いと思える

◇今の自分のしていることを認められる

このような自分になっていけます。

このようになると、他人に振り回されすぎないご自身へなります。

こうなれるとストレスも小さく感じたり、そのことについて気に病む時間が減っていきます。

 

優しくて真面目なかたにこそ、もっと自分の感覚で良いんだと思っていただきたいと思います。

 

人とのコミュニケーションを楽にするためには、まずは自分とのコミュニケーションをとることです。

自分のことを深く知れば知るほど、自分軸がしっかりしてきます。

他人軸に振り回されないようになっていきます。

 

毎日がラクに感じ、過ごせるようになります。

自分自身の本当の楽しさや、やりたいことももっとハッキリしてきます。

 

人生100年時代です。

自分軸をしっかり持って生きたいですね♪

 

気になるかたは、まずは心理カウンセリングにお申し込みくださいませ。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。