お客さまの気持ちとサポートが重なったとき、深い理解へと繋がる

皆さま、こんにちは。

うつ症状改善・人間関係の悩み解消、明石・神戸市西区の心理カウンセリングルーム「リアルセルフ」心理セラピスト 澤田智恵子です。

 

近畿地方も梅雨入りが発表になりました。

みなさまの住んでいらっしゃる地域はいかがでしょうか?

 

本日はカラーセラピーのお客さまでした。

以前にカラーセラピーを知られて、興味をお持ちだったそうです。

「自分で選ぶ色に意味があるんですよね?」

とご質問いただきました。

 

はい、そうなんです。

カラーセラピーは投影法のひとつです。選んだ色にあなたの心が表れています。

その色を見て、潜在意識、顕在意識のあなたの心を一緒に読み解いていきます。

 

英国式オーラライト カラーセラピーは4本のボトルを選んでいただくことで

過去・本質、 課題、 現在、 未来

という過去から未来までの、あなたの人生のストーリーが分かります。

 

どのような過去・本質を持っていらして、いま、どのような課題(テーマ)で、現在を過ごしていらっしゃるのか

未来はどのようになっていくのか。

そして未来につなげるために、どのようなことを心がけ、行えば良いのか…

そのために必要な色も分かります。

 

色でこんなに分かるんですね!

と言っていただきました。

 

もちろん、色でたくさんのことが分かります。

でも、色だけではなく、お客さまご自身がご自身のことに興味を持って、考えていただく…

そのことが、さらなる深い理解へとつながっていきます。

セラピストは、その深い理解に繋がるよう、一緒にサポートさせていただきます。

 

そういえば昔、カラーセラピーの先生が

「カラーセラピーをすることを、セッションと呼ぶでしょ?

それはお客さまとセラピストが一緒になって、その場を一緒に作り上げていく、そういう意味があるんじゃないかな。

コラボレーションとも違う…ジャズセッションって言うように、ライブ感のある、まさにセッションなんだと思いますよ。」

と言われたことを思い出しました。

 

色のチカラだけではなく、お客さまの気持ちとセラピストのサポートが重なった時に、もっと深いところへご一緒出来る…

そんな風に思いました。

 

Tさま 本日はお越しいただき、ありがとうございました。

今日気がつかれたご自身の心の動き方を、一度じっくり観察してみてくださいね。

またいらしてくださいね。ありがとうございました。