私を許して守れるのは、私

皆さま、こんにちは。

うつ症状改善・人間関係の悩み解消、明石・神戸市西区の心理カウンセリングルーム「リアルセルフ」心理セラピスト 澤田智恵子です。

 

身体が思うように動かない時、気持ちが落ち込んだりしませんか?

そういう時に、人と比較したり、自分を責めたりすると、余計にしんどくなりますね。

自分を許して見守ってもらいたいな、と思います。

 

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか?

 

お休みの方、お仕事の方、皆さまお疲れ様です。

 

大人になると、お休みの時も用事が入ったりして、自分のためだけにゆっくりお休み、というわけにはいかなくなります。

 

家のことをされてる方は、家族がお休みだとやる事が一気に増えますし…

 

大型連休は、かえってペースが乱れてしまい、疲れることもありますね。

 

自分のための時間が持てる方は、思いきりお休みくださいね!

 

先日、午前中がしんどい、お昼からは少しマシになる、とお話をお聴きしました。

 

身体が自分の思うようにいかない時って、気持ちまで滅入りませんか。

さらには

なんで自分ってこうなんだろ

みんなは出来ているのに…

と人と比較をしたり、自分を責めたりしませんか。

 

もしそうなると、余分にしんどくなってしまいます。

 

私自身、身体の原因がないけれど、気持ちの持ち方で

身体が重く感じたり、寝つきや寝起きが良くなかったり…

身体に影響が出る経験があります。

 

そうなってくると、

こんな事を気にしてる自分が弱いんだ、

切り替えられない私がダメなのかな?

と思ったりします。

こう思うと余計なしんどさがかかります。

 

そういう時は、人と比較して自分を責めたりせずに、

今の自分はこうなんだ

と自分を許してあげることが大切だと、カウンセリングの勉強の中で学びました。

 

他人との比較だけではなく、過去や未来の自分と比較をせずに、今の自分を自分で許して、大切にして過ごして欲しいです。

 

自分のことを一番許して、大切に守れるのは自分です。

大切に守ってあげてくださいね。

 

過去の私はこれがとってもヘタで、どこかいつも自分を責めていました。

カウンセリングやインナーチャイルドを癒しながら(時には前世療法もはさみながら)、だんだん出来るようになりました。

 

自分を許したり、大切にしたりすることが難しい、という方は、カウンセリングにいらしてください。

 

お話をお聴かせくださいね。

 

どういう状態でいらっしゃるのか、

何がそうさせてしまうのか、

どうなりたいのか…

ご自身の中の答えを見つけていきましょう。

 

お申し込みをお待ちしています。