心の悩みが改善しなかった3つの方法

皆さま、こんにちは。

うつ症状改善・人間関係の悩み解消、明石・神戸市西区の心理カウンセリングルーム「リアルセルフ」心理セラピスト 澤田智恵子です。

 

すっかり暑さもやわらぎました。

最近は、20代の方のカウンセリングが多いです。

昔に比べると、20~30代の方が増えていて嬉しいです。

 

心理カウンセリングに行くまでの期間

心理カウンセリングが昔に比べて敷居が低くなっているような、そんな風に感じています。

昔は心理カウンセリングは、病んでいる人が行く特別なところ、そんなイメージでした。

今は、心のことでしんどくなった時、心療内科に診察を受ける前、受けた後などその時の選択肢に、すぐにカウンセリングがあがってきているように感じます。

一部の人の特別なものから、心がしんどくなった時に行くか悩むもの、へとなりました。

心のことで悩んだり、しんどくなってから半年~一年以内にカウンセリングに来られている方が多いと思います。

 

心の悩みが改善しなかった3つの方法

カウンセリングに来られるまでの半年~一年までの間にどんな方法を試して来られたか、お聴きしました。

以下の3つを試している方が多かったです。

①本を読む

②ネットで調べる

③親や友人に相談する

【この3つで改善しなかった理由】

①本を読む

②ネットで調べる

本を読んだり、ネットで調べた時はなんとかなるような気がして、やってみたけど、結局実践できなかった。

「自身を持ったらよい」「気にしないようにする」など書いてあるけど、そのようになれなかった。

 

③親や友人に相談する

聞いてもらったその時は楽になるけど、根本的な解決にならなかった。

何度も同じ話しをしてしまうので、聞いてもらって申し訳なく感じてきた。

聞いている側も疲れるのではないかと思うと、話しにくくなった。

心配をかけたくなくて、元気なふりをして相談しにくくなった。

 

心理カウンセリングに行くタイミング

調べたり、学ばれたり、身近な人に相談したり、生活習慣や行動を見直したり

休職したり…

思いつく限りのことを色々とされたり、休んだりしたのち、心が元気に戻っていく方もおられます。

自分に無理をさせないことで、心のしんどさが戻っていく場合もあります。

それは、本当に良かったと思います。

そんな方がおられたら、どうぞこれからはご自分のことも大切にして、あまり無理されないように過ごしていただきたいと思います。

そんな風に過ごしてみても、心に元気が戻らない

心療内科に行くけれど何となくスッキリ感じられない

そんな時が、皆さまが心理カウンセリングに来られるタイミングのようです。

 

カウンセリングで悩みが楽になる2つの理由とアプローチ

皆さま、色々と思いつく限りのことをされているので、カウンセリングで話して何になるのか

という思いで、最初は来られます。

話していただくと、話すことはカタルシス効果が起こり、スッキリする効果があります。

フィールハート式の傾聴で、しっかりとお聴かせいただいています。

皆さま、ひとしきり話し終わるとスッとしたような雰囲気になられます。

 

そしてカウンセリングの2回目、3回目で、フィールハート式の質問で、たくさん聴かせていただきます。

悩みの本質は何なのか

いったいどのように感じていて、本当はどうありたいのか

などを見つけていきます。

 

①カタルシス効果

②悩みの本質をカウンセリングで理解していく(自己否定感が関係していることもあります)

 

この2つをカウンセリングで繰り返していくこと

フィールハート式では、さらに悩みは過去から出来上がっているという観点のもと、この角度でもアプローチを行っています。

 

これらをカウンセリングですることで、悩みが楽になっていきます。

 

今、心のことで悩まれていて、もし、お一人で難しさを感じておられる方は、ぜひカウンセリングにお越しくださいね。

皆さま、職場や友人、家族との人間関係、仕事内容がきっかけで、ご自身の今後やご自身への疑いを感じ、大きな悩みになっている方が多いです。

 

お気軽に色々とお話しくださいね。

 

皆さまのお越しをお待ちしています。