心や体が限界を迎える前に

皆さま、こんにちは。

うつ症状改善・人間関係の悩み解消、明石・神戸市西区の心理カウンセリングルーム「リアルセルフ」心理セラピスト 澤田智恵子です。

 

寒い日が続きますがお元気でお過ごしですか。

 

お客様より

前向きな自分を感じています

と言われました。

自分で決めたことを一回やってみよう

失敗したりうまくいかない時があっても人と比較せずに自分のペースでやってみよう

そのように思うようになってきたとのことでした。

 

今までうまくいくようにたくさん努力されたり

人に認められたり役に立っておかないといけない

と思って生きてこられていました。

 

それがすっかり変わられました。

今の時点のご自身を、感じて、認めておられます。

そしてその自分で行動していこうとされています。

心も体も前向きな状態です。

自分で納得しての決断は、疲れていたとしてもやる気や元気が出てきますね。

お聞きしていて嬉しかったです。

 

今の自分を感じたり、認めたりする

というのは悩んでいる時は難しくなります。

 

今の自分ではなく、もっと頑張れる自分なろうとしたり

人によっては頑張ってきた今までの自分に戻ろうとされたり します。

 

皆さま、自分の精神力や体力、体、気持ちに限界がないと思われているのかもしれません。

でも、実際には私たちには限界があります。

限界の手前で休むことや自分への負担を考えないと、心や体が壊れてしまいかねません。

 

人と比べて、自分も同じようにできるだろうとか

他の人もやっているからできるだろうとか

こんなことくらいでとか

色々と思うかもしれませんが自分の心や体が疲れたとサインを出してきた時。

現時点での限界が近づいてきています。

 

ご自身の限界を迎える前に、ご自身の心や体の声を感じ認めてあげて欲しいと思います。

感じて、認めて、そして行動が決まります。

自然な前向きさが生まれてきます。

 

自分の心や体を感じたり、認めることに今まで意識が向いていないかた

行動がとめられないかたは

自然なやる気というものをあまり感じていないかもしれません。

 

心や体の限界を迎えてしまう前に、心理カウンセリングでお話をお聞かせくださいね。

あなたの本当の声に一緒に耳を傾けていきましょう。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。