心理カウンセリングやセラピーで目の印象が変わるかも!?

皆さま、こんにちは。

うつ症状改善・人間関係の悩み解消、明石・神戸市西区の心理カウンセリングルーム「リアルセルフ」心理セラピスト 澤田智恵子です。

 

良いお天気が続きますが皆さまはいかがお過ごしですか?

 

来られて数回のお客様ですが、初めてお会いした時より雰囲気が変わられたと感じました。

少し変わりましたね

とお伝えしましたが、え?本当ですか?と驚かれていました。

自分の変化って自分ではわかりにくいですよね(私もです)。

 

呼吸が浅いかたは、少しゆっくりになったり

顔色が少し良くなっておられたり

肩の力が少し抜けたような印象を感じます。

 

最初は、話したことでスッキリとして心も体も軽くなったように感じます。

これは話をすることで起こるカタルシス効果です。

この後、心理カウンセリングを2回、3回と回数を重ねていくと

だんだんと自分のことが分かっていきます。

そうなると、スッキリだけではなく深い落ち着きを感じられるようになっていかれます。

(個人差はあります)

こうなると雰囲気もさらに変わります。

 

ご自身で違いを感じたいかたは、お顔の写真を撮影しておくと良いと思います。

 

私も昔の顔と今の顔は、目の印象が違うな~と感じています。

 

本当、変わったよな~と思いだし、久しぶりに15年前の写真を発掘してきました。

2006年です。若いですよね汗 恥ずかしいです汗(お誕生日用メガネをかけて記念撮影してます)

まだカラーセラピー習いたて1年目くらいです。

この後、3種類のカラーセラピーを学び、ヒプノセラピーや心理カウンセリングを学び、さらに自分自身と向き合っていきました。

2021年です。最近の中では写真写りよく撮れました♪

いかがでしょうか。

目元の印象が変わっているように感じませんか??

 

このようになるのは私だけではありません。

皆さまお気づきではないかもしれませんが、私から見ると目元の印象が変わっているかたは多いです。

 

目はその人の心や魂をあらわすとスピリチュアルでは言われていたりするそうです。

心理カウンセリングやセラピーで、過去の自分を癒して新しい自分へと変化したことが

目元に現れるのかな!?と思っています。

 

過去の写真と見比べてみるのも、興味深いです。良かったら見てみてくださいね♪

 

朝晩冷えることもありますので、暖かくしてお過ごしください。