カラーセラピーを学ぶとどうなるの?

皆さま、こんにちは。

うつ症状改善・人間関係の悩み解消、明石・神戸市西区の心理カウンセリングルーム「リアルセルフ」心理セラピスト 澤田智恵子です。

 

先日のイベントで

カラーセラピーは何が学べるの?

学ぶとどうなるの?

とご質問いただきました。

 

オーラライト カラーセラピーは、色を積極的に取り入れ、心身の健康に役立てるものです。

日本語では色彩療法と呼ばれています。

心理学もベースとしていて、色を使った投影法です。

 

では、英国式オーラライト カラーセラピーを学ぶとどうなるか、ご説明いたしますね。

 

① 色の意味が分かります。

カラーセラピーでは、色には様々な意味がつけられています。

色の意味は、集合意識の他、歴史、宗教、文化的背景からつけられています。

色の意味が分かると、色を通してご自身や他者の心理状態を押しはかることが出来ます。

 

②視野がひろがります

色の意味を知ることで、人間にどのような心理があるかわかります。

人間の心理を幅広く知ることは、ご自身の視野をひろげてくれます。

また、オーラライト カラーセラピーのマインドは、人生に対する姿勢、意識を教えてくれます。

 

③人の話が聴けるようになります

カラーセラピーを学ぶことを通して、人の話を聴けるようになります。

話しの聴き方の基本を学んでいただきますので、カラーセラピーだけではなく、普段の生活の中でも使っていただけます。

 

④人を癒せるようになります

カラーセラピーという名前にあるように、人を癒すことが出来ます。

色の意味を通して話を聴くこと、意志を刺激すること、必要な色をお伝えすることで、人は癒されていきます。

身近な人だけではなく、大切な方も癒す事が出来ます。

 

⑤オーラライト カラーセラピストとして活動が出来ます

オーラライトジャパンよりオーラライト カラーセラピスト資格の認定がおります。

カラーボトルを使って、カラーセラピスト活動が出来るようになります。

 

学んでいただくと、このようになれます。

カラーセラピーの勉強は、とても楽しいですよ。

 

色が好きで、心に興味があって…という方はぜひ学んでいただきたいです。

 

学ぶことで自分の視野の持ち方や、人間関係の見え方も変わります。

知識を得ることは、今の自分を変化させる力があります。

 

大人になってから学びましたが、本当に楽しくて楽しくて…

 

ぜひご一緒に学びませんか。

ご興味のある方は、一度カラーセラピーを受けてみてくださいね。

 

皆さまのお越しをお待ちしています。