フィールハート式カウンセリング・ヒプノセラピー・講座は「自己肯定感を育てる」ものです

皆さま、こんにちは。

うつ症状改善・人間関係の悩み解消、明石・神戸市西区の心理カウンセリングルーム「リアルセルフ」心理セラピスト 澤田智恵子です。

 

 

当カウンセリングルームの、カウンセリング・ヒプノセラピー・レイキ・各種講座はすべて姫路のカウンセリングサロン「フィールハート」代表の豊福先生に技術指導をいただいています。

私の行っていること全てですが…

 

2018年にフィールハート認定セラピストになって以来、当カウンセリングルームのメニューはご指導いただいた内容で生まれ変わりました。

 

2018年から定期的に通ってくださっているお客様の変化が最近、感じています。

皆さま、以前と反対の違うことを言われていたり、言葉は以前に近いことを言われていても行動が変わっていたり…

 

共通して言えるのは、

今の自分で良い

今の自分を自分が大切に守る

という意思をもたれていて、その行動を取られています。

 

フィールハートに通われているお客様の大勢が、このようになっていかれるのを2006年前から目の当たりにしてきましたし、

振り返ってみると私自身も同じような経緯をたどってきました。

当カウンセリングルームに来られているお客様も、今、同じような経緯をたどっています。

 

豊福先生はこの14年カウンセリング、ヒプノセラピー、講座などを通じて

お客様の自己否定感を手放し、自己肯定感を育てるサポート

をされてきたということが、2019年になって分かりました。

今になって分かるなんて、遅いと言われそうですが…笑

 

手法はカウンセリングやヒプノセラピー、心理学の知識なのですが、そこに豊福先生独自の感性が加わったことにより、結果的に

自己肯定感を育てるフィールハート式

が産まれていたことが分かりました。

 

フィールハート式のカウンセリングを教える「フィールハートセラピスト養成講座」のテキストは2016年に完成していましたが、あれから3年たって、豊福先生はこのたび心理テストを完成されました。

 

それによりカウンセリングだけではなく、ヒプノセラピーや講座なども全てが「フィールハート式」だったんだ、ということが分かりました。

 

先生がサロンを作られたとき、

心を感じてほしい

との願いからフィールハートと名づけられました。

 

フィールハート式の特徴のひとつは、お客様にご自身の心を感じていただくところです。

そのために、カウンセリングの傾聴などの技術を使います。

時にはヒプノセラピーを使い、潜在意識という深層心理の心も感じていただきます。

このたび完成した心理テストでも感じていただきます。

講座では、技術だけではなく、自分や相手の心を感じ、大切にする状態や態度も学びます。

 

その全ては、

自己肯定感を育てるという目的のためだった

ということがわかりました。

 

自己肯定感を感じ、育ててほしい

本当の自分を感じて、自分のしあわせに出会ってほしい…

という豊福先生の願いがフィールハート式を作り上げてきました。

 

2006年からもう13年のおつきあいになりますが、このフィールハート式に自分は育てていただいたんだなぁ…

と思います。

 

このことが今、技術として体系化され、どなたにも使っていただけるよう完成しました。

そのひとつが当カウンセリングルームでも開講している「コミュニケーション講座」です。

一般のカウンセリング、心理学の知識を用いながら「心を感じ、自己肯定感を育てるフィールハート式」の観点で講座を行っています。

 

今日はフィールハート式についてのご説明でした♪

 

自分の心を感じることや、自己否定感を手放すこと、自己肯定感を感じることで悩みは楽になっていきます。

今、気持ちがつらいかたも、ぜひ一度カウンセリングにもいらしてくださいね。

皆さまのお越しをお待ちしています。