心理カウンセリングは「教える」ではなく「見つける」ものです

皆様、こんにちは。

うつ症状・人間関係の悩み、自己肯定感の悩み改善

明石・神戸市西区の心理カウンセリングルーム「リアルセルフ」心理セラピスト 澤田智恵子と申します。

 

最近寒いですね。

お元気にお過ごしでおられますか。

 

先日来られたお客様が、心理カウンセリングで今後の方向性が見えてきたところで

「心理カウンセリングで教えてもらったので」

と言われました。

 

ですので

それは違います!

とすぐに言わせていただきました。

 

心理カウンセリングに来られる皆様は、

「何か教えてもらおう」

と思ってこられるかたがほとんどです。

 

でも、実は心理カウンセリングは

「教える」

のではなく

「見つける」(心理セラピストと一緒に)

ものです。

 

 

周囲の方のアドバイスや本にも、「答え」は書かれていると思います。

でも、それだけでは何か納得できなかったり、言われるようすることに何かしずらさを感じたり・・・・

いろいろとやってみた、聞いてみた、頼ってみたけどちょっと違う

そんな風になられた方が心理カウンセリングにはよく来られます。

 

自分が納得できないことやしずらいことは、やりたくないし、続けにくいですよね。

 

お話していくうちに、いろんな事情(自分の考え方や感じ方、周囲の状況など)が見えてきます。

 

※※※

リアルセルフでは、ご自身含む状況をホワイトボードにまとめることがよくあります。

私自身、皆様のこれまでの生きてこられた歴史やどのようなことでお困りなのか

また周囲の状況や関係性など、情報も多いですので図にまとめさせていただくことで整理させていただいています。

そしてこれが、お客様と心理セラピストのお互いの整理につながり、また理解が一致しているのかの確認にもなります。

※※※

 

そうしながら、どうしていきたいのか、どうなっていきたいのか。。。

見つけていくものなのです。

 

 

行きたいお店を探す時も、まずはスマホで見つけますよね。

見つけることは、問題解決につながります。

 

そしてご自身が見つけるからこそ、意欲的に前を向いていけますよね ^0^p

 

 

心理セラピストには、お客様の答えがわかりません。

色々と質問をさせていただきますが、最後に見つけるのはお客様自身なのです。

もちろんそのための質問、整理などは一緒にさせていただいております♪

 

そして

こんな風にしたい!

こうなりたい!

そう思っても、

つらい感情を繰り返し感じてしまう

感情が刺激されて人間関係がスムーズにいかない

新しい行動がとりづらい

このような場合があります。

 

そうなるのは、潜在意識に癒されていない感情があるからです。

 

この時は、心理カウンセリングをすすめたのちにヒプノセラピーで潜在意識の感情を癒していきます。

このようにすることで、感情が穏やかに感じるようになります。

見つけた新しい自分へとスムーズにシフトしていけるようになります。

 

ステップ①心理カウンセリング ご自身の整理、自分を見つける

ステップ②ヒプノセラピー 潜在意識を癒し、変化させる

 

この2つの組み合わせで悩みを楽にし、新しいご自身へ自然に変化していくことを行っています。

 

人のことが気になってしまう

感情的に反応している自分がいる

人といると落ち着けない

ひとりで頑張りすぎてしまう

めまいなどの疲れがある・・・・

このようなお悩みがあるかたは、ぜひお話をお聴かせくださいね。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。